双極性障害の理解を深めて治療しよう|うつ病との違い

特徴をとらえる

病院

うつ状態、躁状態それぞれの具合によっては、双極性障害だと気づくことが難しい場合もあります。特に躁状態が軽度の場合には注意が必要なので、医師から適切な診察を受ける必要があります。

Read

うつと躁の症状とは

カウンセリング

双極性障害の症状について詳しく調べてみましょう。双極性障害は、うつ状態と躁状態が繰り返されますが、躁には軽度の状態もあります。それぞれの状態が続く期間も人によって異なります。

Read

患者本人への注意点

ハートと鍵

双極性障害の患者にとって大切なことをか確認していきましょう。まずは、医師による適切な治療を受けることが第一です。さらに患者自身の生活習慣を見直し改善することも治療の一環となります。

Read

病気を知ろう

頭を押さえる女性

双極性障害とは躁状態とうつ状態を繰り返してしまう病気です。うつ病とは、長い間落ち込んだりする状態が続く病気です。躁状態とは、うつとは反対にテンションが上ってしまう状態です。双極性障害とは、このうつと躁が繰り返してしまう病気のことを指します。元気がない状態が続いても、明るく活発な状態になるので、双極性障害には気づかない場合もあるといいます。まず、双極性障害の治療に向けて大切なのは、双極性障害だと気づくことです。患者本人がわからなくても、家族や周囲の人間が接する中で、気づく場合もあります。少しでも気分にムラがあると感じたり、気性の激しさが気になるなど、ちょっとした異変を注意深く観察しましょう。うつ病は、男性では10パーセント、女性では20パーセントの人が人生で一度は経験するといわれています。誰にでも起こりうる身近な病気です。しかし、双極性障害になると発症の確率は下がり、1パーセントの人が人生で一度は双極性障害になるといわれています。さらに双極性障害は、男女の性差は関係なく発症するといいます。また、双極性障害の治療は、うつ病の治療とは異なります。うつ病は病気の改善を目指しますが、双極性障害は、うつと躁の波のコントロールに重きをおきます。まずは、病気についての違いを知り、理解を深めることが大切でしょう。本当は双極性障害なのに、症状からうつ病と勝手に判断したり、そもそも病気ではないと自分で勝手に決めつけずに、しっかりと診察をして、医師の診断を受けることが大切です。

病気の原因とは

病院

双極性障害の原因についてさらに深くみていきましょう。脳の状態が通常はどのように変わるのでしょうか。さらに症状によっては、病気なのか、それとも通常の反応なのか、わからない場合についても調べましょう。

Read

患者の家族に向けて

微笑む医師

家族が双極性障害を発症した場合のサポートについて考えていきましょう。患者の症状によっても、対応が異なります。本人にストレスをかけないことも重要ですが、問題を家族だけで抱え込まないことも大切です。

Read